札幌すぎな園事業内容施設紹介アクセスマップお問合せ

事業内容

障害者支援施設

生活介護(定員50名) 
施設入所支援(定員50名) 
短期入所(定員 2名)
重症心身障害児(者)を対象とした生活介護(定員5名)

障害者支援施設札幌すぎな園の事業形態について

札幌すぎな園は、平成21年3月1日障害者自立支援法のもと、”障害者支援施設”として新体系へ移行しました。
当施設では、日中活動として「生活介護事業」を、夜間における暮らしの場として「施設入所支援事業」の2事業を行っています。
重度・最重度の障害がある方に対して、障害特性や一人ひとりの機能レベルにあった支援を展開していきます。

医療体制について

同法人の重症心身障害児施設札幌あゆみの園
(札幌市白石区)は、医療機関であることから、
当施設利用者の健康状態・歯科治療、また、2週
に1回で札幌あゆみの園の医師による回診もあり、
医療的なバックアップも充実していきます。

障害者施設紹介
居住棟
活動棟(活動室)
活動棟(活動室)
すぎな工房

ここは作業を中心とした日中活動を行う場所です。
現在、10名ほどの利用者が、CDリサイクル等の分別作業を行っています。

すぎな工房
生活訓練棟

生活訓練棟は施設敷地内にあります。
主に日中活動等の訓練の場として使用しています。

生活訓練棟
日中活動グループ 活動内容

グループ名

活動、作業内容

利用者数

WISH
クラフト・ビニール分別作業
廃棄食品分別作業
CD分別作業
男性 4名
女性 9名
計  13名
白幡山クラブ
ボールプール用ボール洗浄
空き缶つぶし 作品創作
調理実習
男性13名
女性 7名
計  20名
ひまわり
ボールプール用ボール洗浄
作品創作
男性 6名
女性 5名
計  11名
I.Lカンパニー

野菜加工、タオルたたみ
ランドリー作業、ビニール袋作業

男性 6名
女性 1名
計   7名

日中活動は、利用されている方の1人ひとりが、やりがいと楽しみをもって過ごしていただくための欠かすことの出来ない日課のひとつです。
サービス管理責任者が中心となり、利用者のニーズに合わせた”個別支援計画”を策定するため、「個別支援計画策定委員会」、「日中活動支援委員会」の各委員会で検討を重ね、利用者またはご家族等同意のもと活動を行っています。

主な施設行事(利用者全員参加行事)
6月
初夏バーベキューパーティー
8月
花火大会(園庭にて)
9月
北翔祭(法人のお祭り)
10月
秋祭り
一泊旅行or日帰り旅行
12月
年末もちつき大会
年末お楽しみ会
日課の紹介

時間

平日

土日祝祭日

6:00
起床
起床
7:15
朝食
朝食
8:15
洗面・歯磨き
洗面・歯磨き
9:00
活動準備
余暇活動
9:30
活動場所へ移動

10:00
各グループに分かれ 日中活動
11:30
食堂へ移動
昼食準備
昼食準備
12:00
昼食・休憩

昼食

13:30
活動場所へ移動
各グループに分かれ 日中活動

余暇活動

15:30
居室へ移動

16:00
入浴
入浴
17:30
夕食

夕食

18:30
洗面・歯磨き

洗面・歯磨き

19:30
余暇
余暇
22:00
消  灯
消  灯


重症心身障害児(者)を対象とした生活介護事業所

在宅の重症心身障害児(者)を対象に、日中生活支援などのサービスを提供しています。四季折々の活動を通じ、日常生活をより楽しく過ごしていただいています。
今後は特殊浴槽の導入ができた段階で入浴サービスを行っていく予定です。

札幌すぎな園「萌」


札幌すぎな園「萌」
札幌すぎな園「萌」
事業所の概要
所在地
札幌市清田区真栄478番地36(札幌すぎな園日中活動棟内)
連絡先
TEL:(011)881-2079 FAX:(011)881-2279
利用定員
5名
主たる障害
重症心身障がい者
開所日
月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
開所時間
9:00~17:30 
サービス提供時間
10:00~15:00
通常の実施地域
清田区並びに、清田区と隣接する地域
その他の事業

・生活介護事業所 札幌すぎな園通所センター(定員35名)
平成21年3月1日指定 (開設:平成12年4月)
事業所番号0110500022
・共同生活援助事業所 グループホームすぎな(定員4名)
平成17年6月開設
事業所番号0120501341

このページの先頭に戻る